東洋的思想の傾向

 この殆んど第二の天性となった東洋的思想の傾向と近代思想の理解との衝突は啻《ただ》に文学に対してのみならず総ての日常の問題に触れて必ず生ずる。啻に文人――東洋風の――たるを屑《いさぎよ》しとしないのみならず、東洋的の政治家、東洋的の実業家、東洋的の家庭の主人、東洋的の生活者たるを欲しない。一言すれば...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:07 am  

二葉亭四迷の全集

 二葉亭四迷の全集が完結してその追悼会が故人の友人に由て開かれたについて、全集編纂者の一人としてその遺編を整理した我らは今更に感慨の念に堪えない。二葉亭が一生自ら「文人に非ず」と称したについてはその内容の意味は種々あろうが、要するに、「文学には常に必ず多少の遊戯分子を伴うゆえに文学ではドウシテも死身...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:06 am  

牝《めす》の黒猫《くろねこ》

 其處《そこ》へあの、牝《めす》の黒猫《くろねこ》が、横合《よこあひ》から、フイと乘《の》りかゝつて、お君《きみ》のかいた歌《うた》の其《そ》の懷紙《ふところがみ》を、後脚《あとあし》で立《た》つてて前脚《まへあし》二《ふた》つで、咽喉《のど》へ抱《かゝ》へ込《こ》むやうにした。疾《はや》い事《こと...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:05 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0362 sec.

http://upaupa.net/